杉本 博司。 平安人の遺した夢の形から杉本博司が描く「瑠璃の浄土」へ

「杉本博司 瑠璃の浄土」展が開幕 京都市京セラ美術館の新館「東山キューブ」

博司 杉本

👈 そんな冬のホテル事情をお届けします。 そう、杉本博司にとって重要なのは、現実の歴史としての日本ではなく、いわば純粋な持続としての日本であり、「いま」を写した自らの写真をも日本という「永遠」の流れに参入せしめることなのである。

日本文化を身体で感じる場。杉本博司さんが手掛けた「江之浦測候所」(前編)

博司 杉本

😈 毎年冬になると日の出の位置がプリズムの正面に近づいてくる。

杉本博司/Hiroshi Sugimoto

博司 杉本

🤝 そしてトンネルを抜けるといきなり広がる大海原とその水平線。 赤から黄、黄から緑、そして緑から青へと無限の階調を含んで刻々と変化していく。 2001年:ハセルブラッド国際写真賞受賞 杉本博司の作品 ジオラマと肖像画 ジオラマシリーズは1976年に開始されました。

5

Opticks

博司 杉本

📲 そこで、彼らが当時目にしたであろう多くの建物が今も残っていることに思い至り、彼らが見た同じ建物を、時代を超えて自分も見ていることに強い感慨を覚えます。 Discover Japan ディスカバー・ジャパン• 上質で暖かな着こなしは大人としては当然ですが、そこに色気とか、艶やかさを加えるとなると、さて。

19

杉本博司

博司 杉本

🤜 鮮烈なまでに白く輝くスクリーンは、実は無数の物語の集積であり、写真は時間と光による記録物であるということを改めて気づかせてくれるこれらの作品によって、私たちの意識は文明や歴史の枠組みを超え、時間という概念そのものへと導かれます。

17

杉本博司インタヴュー「杉本博司を育てたのは古美術と科学、その二つに共通点はあるだろうか?」

博司 杉本

😁 杉本はイタリアを訪れた際に、ある古い劇場で4人の少年使節がその地を訪問した痕跡を偶然目にします。 だが、写真を突き詰めることで反写真にまで到達した杉本博司の「海景」の零度のシンボリズムは、森美術館の会場に流れる池田亮司のテクノミニマル・ミュージックとも似て、観る者を静かに圧倒し、沈黙を強いるだろう。 海景 Seascapes 海景シリーズは1980年-現在まで続いており、世界中の海の写真です。

13

海を見下ろす屋外型美術館――杉本博司さんの江之浦測候所へ |MODERNLIVING

博司 杉本

😙 天空を測候する事にもう一度立ち戻ってみる、そこにこそかすかな未来へと通ずる糸口が開いているように私は思う。 さまざまな石が自分の居場所を得たという趣で置かれています。